コンドロイチン硫酸

変形性関節症の症状軽減に対する効果が認められた自然な物質であるコンドロイチン硫酸は、10年以上北米の市場にありました。コンドロイチン硫酸は、1930年代に初めてそのトロンビン活動のために分離され、変形性関節症鎮痛剤へと発展しました。コンドロイチン硫酸は軟骨組織のメンテナンス及び生成において重要な役割を担っています。

生のコンドロイチン硫酸、軟骨パウダー、初乳およびコラーゲンパウダーの製造業者 ―Summit Nutritionals International Inc.1.         コンドロイチン硫酸は、身体によって生産された破壊酵素の中和によって間接部におけるバランスを維持します。これら破壊酵素のレベルのコントロールによって、磨り減り及び/または破壊された軟骨組織が、それに代わって新たな軟骨生成を可能にするために除去されることができます。

2.         コンドロイチン硫酸、多糖類(砂糖)は、特に軟骨組織合成の愛代、身体の組織全体にわたって見つけられた重要な基礎的要素です。

コンドロイチン硫酸の最高濃度は軟骨組織部において見つけられます。コンドロイチン硫酸は、鳥、牛、豚また海産物より抽出されます。コンドロイチン硫酸の将来の市場は、より良い生物学的利用能に向けて、そのより低い分子形態の製造にあるのです。

Summit Nutritionals International Inc. ®
(サミットニュートリショナルインターナショナル)は、USP(米国特許)等級のナトリウム、ナトリウムフリー、そしてカリウム塩コンドロイチン硫酸をご提供いたします。コンドロイチン硫酸抽出のために使用される組織は、米国農務省(USDA)によって認証された屠殺所場から配送され、100%BSEフリーです。

コンドロイチン硫酸の純度の決定が可能な分析技術は様々です。滴定、高速液体クロマトグラフィー(HPLC)、酵素高速液体クロマトグラフィー、キャピラリー電気泳動(CE)と1,9ジメチルメチレン青などです。
Summit Nutritionals International Inc. ®
(サミットニュートリショナルインターナショナル)は、コンドロイチン硫酸Aとコンドロイチン硫酸C合有を伴うドライベース(これは、それとして働く最高数であり水分率を考慮に入れます。)に基づいて結果報告がなされるUSP基準を利用して、滴定(CPC滴定(セチルピリジニウム塩化物))を使ったUSP等級コンドロイチン硫酸の分析結果を提供します。

高品質コンドロイチン硫酸入手を保証する最高の方法は、信用の終える100%BSEフリーの原料である
Summit Nutritionals International Inc. ®
(サミットニュートリショナルインターナショナル)を選ぶことです。(ウィキペディア – BSE)

2012 Summit Nutritionals International ®